濃尾大花火大会2018年の穴場4選!濃尾大花火大会の穴場4選!2018年の日程・時間と駐車場は?

2018年7月25日

濃尾大花火大会の穴場4選!2018年の日程・時間と駐車場は?

戦国時代には真田信之・幸村兄弟に加藤清正、石田三成などなど、

現代の人々の心をとらえて離さない魅力あふれる武将が日本を駆け巡っていました。

では特に有名なのは誰?

と言われると、誰もがご存知……というか、

日本の歴史を学ぶ上で必ず学ぶ偉人たち――

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のお三方ではないでしょうか?

戦国武将人気ランキングでも根強い人気を誇っていますよね。

そんな織田信長の故郷といえば……「尾張」ですよね。

現在も影響は色濃く残っており、夏には愛知一とも岐阜一とも言うことなく

「尾張随一」と謳う花火大会が開催されます。

尾張の領地であった愛知県一宮市と、尾張であり美濃の領地であった

岐阜県羽島市が共同で木曽川に架かる濃尾大橋上流を舞台に

開催されるのが「濃尾大花火大会」です!

今回は、「濃尾大花火大会」の穴場スポット、2018年の日程・時間や

駐車場・会場へのアクセス方法をお届けしちゃいますので、

最後までジックリ目を通していただけると嬉しいです!

 

濃尾大花火大会 2018年の日程・時間・場所は?

濃尾大花火大会の日程は例年8月中旬に開催されています。

今年(2018年)は8月14日(火曜日)に開催されるされます!

小雨の場合は決行ですが、荒天時は8月16日に延期されます。

打ち上げ時間は19:30~20:45分となっています。

暮れなずむ木曽川を眺めながら、花火大会を待つなんて、

なんだか風情あふれていますよね♪

そして、打ち上げ場所は「濃尾大橋北 木曽川河畔」。

会場へのアクセス方法

アクセス方法はこちらを確認くださいね♪

■電車で行く場合

―JR尾張一宮駅からバスで約15分、

起工高・三岸美術館前下車して徒歩で約20分

―名鉄名鉄一宮駅からバスで約15分、

起工高・三岸美術館前下車して徒歩で約20分

■車で行く場合

―名神高速岐阜羽島ICから県道大垣一宮線経由約15分

―東海北陸道一宮西ICから県道大垣一宮線経由約10分

 駐車場情報

花火大会会場周辺は、17:00~22:00まで車両通行止めなんですが、

濃尾大花火大会では嬉しい無料駐車場が用意されています。

・イオンモール木曽川西側駐車場

・一宮市尾西庁舎駐車場

・起小学校グランド

・尾西第一中学校グランド

・尾西プール駐車場

停められる台数(約1500台)には限りがありますので、ご利用はお早目に♪

なお、名鉄一宮駅西口やイオンモール木曽川・

一宮市民会館から有料シャトルバスも運行していますので、

ご活用くださいませね。

という訳で、日程やアクセス方法が分かったところで、

濃尾大花火大会の見どころなどについてご紹介しちゃいます。

濃尾大花火大会の概要・見どころ

濃尾大花火大会の起源はなんと1892年!!

実に110年以上の歴史を誇る花火大会なのです。

1時間弱の間に打ち上げられる花火の数は約5,000発!

木曽川に浮かぶ“まきわら舟”、

その船から打ち上げられる花火――

あふれる風情に惹かれる人々は実に23万人も来場されるんです♪

水面いっぱいに光をあふれさせる

200mに及ぶ逆ナイアガラは必見です。

フィナーレを飾るにふさわしい5連発は、

尾張随一の大きさを誇る2尺玉! 鳥肌モノの美しさなのです♪

長野から伊勢湾まで、その長さ229kmを誇る

木曽川に熱く映える「濃尾大花火大会」。

是非とも有料観覧席から見てみたいと思うところですが、

実は濃尾大花火大会では有料観覧席がないんです。

そして、花火大会前日の場所取りも禁止されているので、場所取りをする方は

大会当日に場所取りをされることをお薦めします!

濃尾大花火大会の穴場スポット

という訳で、ここからは

「濃尾大花火大会」を楽しむことの出来る穴場スポットをご紹介していきます!

臨場感たっぷりの花火を楽しむか、

花火全景を見渡せて、一緒に夜景を楽しむかは皆さん次第なのです。

穴場その1:濃尾大橋北側河川敷

やはり大迫力の花火を楽しみたいならココ!!

花火の熱まで感じることのできる

臨場感たっぷりのビューポイントです。

当然ながら激戦必至!のエリアなので、

ココを狙うなら早めに訪れてくださいね!

穴場その2:イオンモール木曽川屋上駐車場

イオンモール木曽川の屋上からは、

花火がキレイに観ることができちゃいます♪

少し打ち上げ会場からは離れてしまいますが、

大型商業施設ということもあって飲食には困りませんし、

何よりお手洗いの心配がいらないのが嬉しいですよねっ。

人ごみでぐずらせたくない、

小さなお子様を連れたご家族にオススメなスポットです。

穴場その3:尾西記念病院

ここも少し距離がありますが、なんと言っても

“真正面から花火を楽しむ”ことができちゃうベストポジション!

アクセスが良く、渋滞に巻き込まれにくいのも

嬉しいポイントですよね。

更にうれしいのが、花火大会当日のみ

特別開放してくれているという太っ腹な采配!!

粋な計らいに感謝しつつ、

濃尾大花火大会の全体像をたっぷりとお楽しみください♪

穴場その4:尾張猿田彦神社

神社奥宮の遙拝鳥居から

綺麗な花火を鑑賞できちゃう穴場スポット♪

実は尾張猿田彦神社では濃尾大花火大会に合わせて

「奥宮ちょうちん祭」を17時30分から開催しています。

という訳で、お祭りや屋台を楽しみつつ

花火大会の開始を待って……と、

お祭りと花火を一緒に楽しめちゃう一挙両得な穴場なのです♡

濃尾大花火大会会場付近は見晴らしが良いので、

ちょっと早めに行って周辺を散策してみれば、

ここだ!という穴場を見つける可能性もあるかも?

ただ、前日からの場所取りは

禁止されていますので、ご注意くださいね。

当日いい場所を取ろうと思うのならば、少し早めに行動されることをお薦めします!

ルールを守って気持ちよく花火大会を楽しみましょう~♪

まとめ

開催時期前後に近隣で大規模な花火大会などがぶつかっており、

ちょっと影が薄く思われがちの「濃尾大花火大会」ですが、

2尺玉やナイアガラ、スターマインなど

多種多様な花火が生みだす迫力は決して他の花火大会にも引けを取りません!

普段は地味でも、使うときは使う!

尾張気質が存分に発揮される「濃尾大花火大会」を

心ゆくまでお楽しみくださいませね♪

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?