琵琶湖花火大会 2018年の日程・時間は?穴場スポット&見えるホテルも紹介!

2018年7月25日

琵琶湖花火大会 2018年の日程・時間は?穴場スポット&見えるホテルも紹介!

いよいよ夏本番!2018年も琵琶湖花火大会が近づいてきました!

夏の琵琶湖を鮮やかな花火が華麗に彩る「びわ湖大花火大会」は、今年で34回目を迎えます。

周囲を山々に囲まれた自然豊かな琵琶湖に、色とりどりの花火が浮かぶ様がとても美しい花火大会です。

中でも、湖面上に半円を描くようにあげられる花火や、湖面近くに斜めに打ち上げられる花火は、

まさにびわ湖大花火大会の代名詞と呼べる名物で、他の大会で見ることはできません。

今回は、びわ湖大花火大会の2018年の日程・時間、穴場スポットと&花火の見えるホテルをご紹介いたします!

 

びわ湖大花火大会2018年の日程・時間と概要

《日程・時間》

琵琶湖花火大会は毎年8月上旬に開催されています。

2018年は8月7日(火曜日)に開催されます。

小雨決行。荒天の場合は8月10日(金)に延期(予定)になります。

打ち上げ時間:19時30分 〜 20時30分

《場所》

滋賀県大津港沖水面一帯

《打上玉数》

約10,000発(スターマイン、4~10号玉)

《予想来場者数》

約35万人

《有料席》

約16,000席(滋賀県営大津港管理用通路・修景緑地などに設置)

前売券:3,900円/当日券:4,400円(3歳以上の子供は同一料金で有料)

*7月1日より「滋賀県観光物産情報センター」などで発売開始(予定)

「チケットぴあ」・「日本旅行」などでも購入可能です。

当日券は、売切次第終了ですが、

「JR大津駅前日本旅行」「有料観覧席付近仮設販売所」でも購入できます。

びわ湖花火大会特設サイト:http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/index.html

琵琶湖花火大会の見どころ

毎年「テーマ」に沿った華麗な演出を見ることができますが、

二か所から湖面に沿うように打ち上げられる色とりどりの鮮やかな花火は大変優美です。

中でも、「水中スターマイン」とよばれる湖面に扇型を描くようにあげられる花火や、

斜めにあげられる花火が最大の見どころとなっています。

*びわ湖大花火大会のフィナーレの様子↓

クライマックスには、大型のスターマインが連発で打ちあがり、これは圧巻の一言です。

 

びわ湖花火大会の穴場スポット

それではここからは琵琶湖花火大会の穴場スポットをご紹介していきます!

花火の当日までにチェックして当日の花火鑑賞の参考にしてみてくださいね。

穴場その1:矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

花火大会のメイン会場から琵琶湖を挟んで対岸になります。

比較的近くでよく見ることができる穴場です。

最寄の駅は遠いので車で行くことをお勧めしますので、人込みもそれほど多くないと思います。

滋賀県草津市矢橋町帰帆2108

*JR「草津」駅→近江バス≪浜大津、石山駅、瀬田駅行き≫「矢橋」下車

JR「南草津」駅→近江バス≪イオンモール線≫「矢橋」下車

大きな地図で見る

穴場その2:比叡山ドライブウェイ夢見が丘駐車場

おざふぉと@記憶の外部化@ozaphoto

琵琶湖花火大会
比叡山ドライブウェイにて、

比叡山ドライブウェイは有料道路ですが、

「夢見が丘」駐車場の展望台からは、大津、琵琶湖の景色が一望できます。

駐車場は132台分あり、喫茶もあり、最高のロケーションです。

ただ花火当日は、料金が特別料金になりますので、お気を付けくださいね!

<比叡山ドライブウェイHP>

http://www.hieizan-way.com/guide_yumemigaoka.html

穴場その3:名神高速大津サービスエリア

大津SAからも大津、琵琶湖の景色が一望できます。

少し見づらい部分もありますが、十分楽しむことができます。

比較的空いているスポットなので、ゆっくり楽しみたい方にはおススメです!

琵琶湖花火大会2013穴場大津サービスエリア

またSAでは例年有料席も設けています。

http://www.w-holdings.co.jp/

穴場その4:アル・プラザ瀬田店

大津市内の「アル・プラザ瀬田店」では、

毎年花火大会当日、屋上駐車場を解放してくれているそうです。

少し離れますが、十分花火を楽しめます。

また、小規模ながら屋台やビンゴゲームも出るようです。

トイレなどにも困らないスポットだと思います。

滋賀県大津市月輪1-3-8(最寄駅:JR東海道・山陽本線「瀬田」駅)

大きな地図で見る

穴場その5:びわ湖大津館

〝湖国の迎賓館〟とよばれる和モダンなホテル内の芝生広場に

1,500席の特別観覧席が設けられ、一人3500円で鑑賞できます。

またお食事つき観覧席もあり、お弁当コース(9,500円)

ブッフェコース(12,000円)、レストランコース(14,000円)を申し込めば、

お食事と共に花火を楽しむことができます。

花火開始までは、ハワイアンコンサートの催しもあるようです。

http://biwako-otsukan.jp/

琵琶湖ホテル

琵琶湖花火大会が見えるホテルといえば、「琵琶湖ホテル」です!

打上会場すぐの琵琶湖ホテルで「びわ湖大花火大会日帰りプラン」も用意されています。

特設観覧席のお弁当コース(10,000円)から、

ブッフェプラン(16,000円)、レストランプラン(18,000円~)など

様々なコースが用意されています。

 

琵琶湖琶湖汽船クルーズ

琵琶湖湖上で楽しむことができます。

お食事&クルーズプランもあります。

大人:20,000円(小人11,500円、幼児6,000円)

 

せっかくの花火大会なので、いいスポットで見たいと思いますよね!

有料席も用意されていますし、それ以外にも穴場スポットはたくさんあるので、

自分にあった場所で、夏の風物詩をゆっくりとご覧になってくださいね!

 

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?