【新幹線自由席ノウハウ集】 東京~新大阪間の新幹線で、自由席を利用しようと思いますが、座ることはできるでしょうか。座れる可能性が高い号車や、座れるためのテクニックがあれば教えてください。

2018年8月13日

月に何回も東京~大阪間を自由席で移動していた筆者の失敗から得たノウハウ集です。

自由席に座るコツや空いている車両、早く乗れるドア、風邪をもらいにくい車両、この日は自由席はやめて指定にした方が良いなど、自由席を効率よく使用するための、色々な条件をご案内していきたいと思います。

新幹線N700系の写真

 

【自由席で新大阪から東京方面へ向かう場合】

新幹線の行き先案内(発車案内板)の写真 新大阪駅

この行き先表示板で、混雑している列車と空いている列車がおおよそわかると思います。


指定席はB席まで超満席なのに自由席はガラガラ

最近、朝の新幹線では奇妙な状況が起きているようなんです。

指定席はB席までしっかり埋まっていてほぼ満席状態なんです。

指定席がかなり混雑している日の自由席の状態 A席・C席・D席・E席の指定席がすべて満席の便の自由席(B席のみ空きがある)

なのに、自由席はこんな状態(写真の通り) ガラガラです。

なぜそんなことがおきていまっているのでしょうか・・・。

新幹線では、EX-IC(エクスプレスカード)というJR東海のカードを利用する人が増えてきています。特に、何度も利用する新幹線ヘビーユーザには必須のアイテムです。

このEX-ICは、指定席が自由席(切符料金)以下の料金で利用できるメリットがあるようなんです。朝から移動して昼前の会議に参加する、など、予定が決まっている人にとってみると、座れないリスクのある自由席よりも、指定席を選ぶ人が多くなってくると言えます。

その結果、指定席が大混雑なのに自由席がガラガラ・・・ という現象が起きてしまっているようです。


と、言うわけで、自由席にチャレンジしましょう

東海道新幹線ののぞみ・ひかりの自由席は、新大阪寄りにあります。

【のぞみ号】自由席は1・2・3号車です。ちなみにウン年前、「のぞみ号」ができた当時は全席指定席でした。

のぞみ号の自由席の号車と座席数

【ひかり号】自由席は1~5号車です。自由席が5両もあります。

ひかり号の自由席の号車と座席数

ひかり号の方が自由席が多いので、のぞみが満席でも、ひかりならば座れる可能性は高くなってくるんです。


空いている自由席車両は?

最近、電車好きの芸人などがテレビで、「座席の数が多いので、自由席は2号車が空いていてオススメ」といっているようですが、実際はどうなんでしょう。

2号車の座席が100席と多いので、決まりかなと思いますよね。

と、思いきや、何度も自由席で移動していると、そうでないことに気づきます。

座席が多い2号車が空いている・・・わけではない・・・?!


ゆったりできる自由席は●号車

これまでの経験上、「1号車」が空いています。

新幹線 自由席 1号車

1号車はホームの端で、階段からも遠く、不便という点で・・・空いています。

5号車のほうから順番に歩いていき、空席がある車両が見つかると、その車両に乗っていきます。そうすると、5号車⇒4号車⇒3号車⇒2号車⇒1号車の順に座席が詰まっていきますよね。

のぞみの場合は、3号車⇒2号車と進んでいき、2号車で空席が見えると、2号車に乗り込んでいきます。

特に新大阪駅では、1号車は果てしなく遠いので、2号車に空席があると、あえて1号車まで行く人がほとんどいないんです。

・・・と、いうことで、新幹線の自由席をゆったり利用するには1号車がオススメです。

東京駅プラットフォーム自由席付近 写真は東京駅の1号車付近です


自由席、めちゃくちゃ混んでいる!!

自由席の混雑度は、日や時間帯によって大きく違ってきます。

閑散期」(つまり、利用者が少ない時期 = 指定席料金が安い時期) に混雑します

何度も失敗しました。”閑散”という言葉に・・・

閑散期は利用者が少ない時期なのです・・・が!! 新幹線の便もそれに合わせて減らされているんです。

東京~新大阪間ののぞみが10分~20分間隔、多い時の約半分にまで便が減少している時もあるんです。

自由席の席数が半減になってしまうんです。そのため、閑散期は、自由席利用者にとってはNGの日だと言えます。

閑散期の自由席の利用はご注意を! 混んでいます”

※参考までに、閑散期・繁忙期・通常期がわかる 【指定席】繁忙期・閑散期カレンダー

 


自由席が混んでいる日・時間

自由席が混んでいる時間帯があります。

①平日の午後のお昼下がりは要注意!意外と混んでいます

注意するのは午後特に昼間

午前は、到着時間に間に合わせる場合や、満席に備えて指定席を利用する人が多くなっています。

しかし、午後は時間の制限が緩く、自由席を利用する人が多くなってくるようなんです。

昼間は新幹線の本数が減されています。そうすると、混雑しやすくなります。

閑散期&昼間は要注意な時です。

 

金曜の夜・日曜の夜は注意。立つことを覚悟で!

土・日を実家などで過ごす単身赴任のお父さんが利用する「金曜の夜」と「日曜の夜」もかなり混雑します。

指定席が満席の場合は、自由席で立つ人がでてくるほどです。

 

春休み・GW・夏休み・秋の連休・冬休み時期昼間

家族連れで自由席を利用する人が多くなり、確実に混雑します。

 

4月・7月・10月の1週目の週末

企業などの人事異動で新幹線で移動する人が多くなってきます。

 


ひかりが意外と混む

最近の傾向では、ひかりの自由席は意外と混みます。

ひかりは自由席が5両と多いので、自由席を選択する人が増えてきていたり、

また海外からの旅行者は、チケットの関係で、ひかりを利用する人が多いのです。

ご注意ください。


N700系でなく、700系を狙う

700系は、テーブルが小さかったり、電源コンセントが無かったりとN700系と比べると見劣りはすると思います。

しかし自由席を利用する場合は好都合なのです。

人気が無い分だけ、N700系よりも700系の方が確実に空いています。

また700系は臨時で運行される場合が多く、前後の運行間隔が詰まっていたりして、空きやすい条件が整っているケースが多いので、覚えておいてください。

 


どのドアから乗ると良いの?

さて、自由席おススメの1号車は、どのドアから乗ると良いのでしょうか??・・・ん、ドアによって何が違うってこと?

とりあえず、一番遠い方のドアに並びましょう。新幹線の先頭車のフォルムを楽しめます。新幹線の先頭を見ていると、旅情気分も高まりますよね~!!

・・・という訳では全然ありません。

ここは長蛇の列になることが少ないからです。(駅の改札から遠いですから)

N700系1号車が空いている

一号車のこのドアです。(写真の左のドアです。右のドアは乗務員用です)

それ以外にもメリットが。途中駅から乗車する場合は、このドアが他のドアより早く車内に乗り込めるのです!!

降りる人は、階段に近い方の出口を選択する傾向がありますよね。そのため、1号車の2号車寄りのドアから下車する人はたくさんいると思いますが、わざわざ出口に遠い先頭側から下車する人が少ないということなんです。そのため、下車する人が少なく、早く車内に入ることができるのです。(始発駅だと意味ないですけどね)

このテクニックを活用すると、ゴールデンウィークなどで指定席が終日満席の混雑時でも座れるようになるかもしれません。一度、トライしてみてはいかがでしょうか。でも、座れなかったらごめんなさい!!


新幹線に乗ると風邪をひく人にオススメの車両は?

新幹線は、大量の人を日本中運びます。と一緒に、風邪などのウイルスも運ばれます。特に新幹線は気密性が高く、居眠りをすることも多いので、「新幹線に乗るとすぐに風邪を引いてしまう」という人も多いはず。何度も自分もやられました。

そんな人には、またもや、1号車をオススメします。

定員が65名と、他の車両と比べると大幅に少ないのですが、空いている可能性が高いので、たくさんの人が乗り込まないため、風邪をもらいにくいのです。

でも、やはり風邪をもらわないためには、マスクはしましょう。


やってはいけない自由席の掟 

自由席でやってはいけないのは、あいている座席に荷物を置くこと。自由席であっても1人1席というのは常識ですよね。しかも、混雑しているにもかかわらず隣の席にでーんと荷物を置いたり、大きなキャリーバックを隣の座席の前に置いてる人が稀にいます。これは自由席のマナー違反です。正直迷惑極まりないですよね。

混雑して座れない人がいるときは、乳幼児などの小さな子供さんは膝の上に座らせるなどして、席を空けましょう。

もう一つ、新幹線初心者がやってしまうことは、座席シートをおもいっきり倒すことです。新幹線の座席シートはかなりの角度まで倒れるようになっていますが、後の人に配慮して、数センチ程度にしておくことをオススメします。後ろの席に人がいるのに倒れる限界まで倒したり、自分の席以外も倒してしまうと、ちょっと恥ずかしいです。



新幹線に乗るときは夏でも「長袖」を・・・ 

指定席、自由席に関わらず、新幹線に乗るときは夏場でも是非「長袖」をお勧めします。

車内の空調が涼しすぎる場合が多々あります。長時間乗車するとあまり体を動かさないので、冷えてきてしまいます。

何か羽織るものなどを持参することをお勧めします。


コンセントはどうなっているの?

自由席

N700系 コンセント (ただし窓側の席(A席・E席)のみ)※車両の最前列と最後列の席だけ、全席にコンセントあり。
700系 コンセント※車両の最前列と最後列に、コンセントがある車両もある。(各席には無い)

※清掃用のコンセント(銀色の丸い形)は乗客は使用できない

グリーン車

N700系 全席コンセント
700系 コンセント※車両の最前列と最後列の席だけ、コンセントがある車両もある。

コンセントを使用したいならば、N700系を選ぶことオススメします。また一般車両では、「窓側」席か、「最前列」「最後列」を選ぶことを覚えておいてくださいね。

 


指定席予約のちょっとしたテクニック 

これまで自由席のお話でしたが、指定席予約のちょっとしたテクニックをお教えします。

EXICカードを使って予約する場合、座席の予約状況を見ながら席が選べます。

A席 B席 C席 (通路) D席 E席

ここで落とし穴です。

A席が空いている、ラッキーと思って予約をすると、ちょっと残念なことになってしまいます。

 

例えば、A・B・C・Dが空き(水色)の場合

A席 B席 C席 (通路) D席 E席

:空 :予約済み

気分的にA席を予約したくなりますね。ただし、A席を予約すると、実際の着席状況は・・・

かなりの確率で、A・B・C席、3席とも人が座る状態になってしまいますよね。

A席 B席 C席 (通路) D席 E席

B・C席は2人がつながっているので、「2人」の予約した場合、優先的に選択されやすいのです。

そのため、他の座席が空いている場合でも、なぜか、ここだけ3席とも埋まっている状態になってしまって、、。

これはちょっと残念ですよね。

こんな時はD席を予約しましょう。

また、この応用として、席の空き状況がこんな場合、

A席 B席 C席 (通路) D席 E席
A席 B席 C席 (通路) D席 E席
A席 B席 C席 (通路) D席 E席

:空 :予約済み

1列目のA席を予約したくなりますが、そこをグッと我慢。

2列目のA席か、3列目のC席を予約しましょう!最終的には、きっと、こうなるはずです。

A席 B席 C席 (通路) D席 E席
A席 B席 C席 (通路) D席 E席
A席 B席 C席 (通路) D席 E席

B席が空席になると、やはり快適です。B席が空席になる可能性が高くなる座席を見極めて予約をいれましょう。

新幹線での移動を快適に過ごすために、あいている車両をしっかりと見極めて、長い移動を快適に過ごせるといいですよね。

 

 

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?