NO IMAGE

大阪〜名古屋の移動手段まとめ【2018年度版】

大阪〜名古屋の移動手段(公共交通機関)をまとめてみました。大阪→名古屋、名古屋→大阪、両方向の移動が対象になります。

大阪〜名古屋間の位置と地図

まず、大阪〜名古屋の位置について確認しておくとこから始めてみましょう。大阪駅〜名古屋駅の直線距離は136.8km、JRの営業キロは190.4kmです。

以下の地図に、大阪〜名古屋の主な駅と鉄道ルートを示してみました。

大阪〜名古屋の地図

大阪〜名古屋の地図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成)

大阪〜名古屋の主な移動手段

そして、大阪と名古屋を結ぶ主な移動手段には、以下のようなものがあります。

  • 高速バス
  • 鉄道(近鉄)
  • 鉄道(JR在来線)
  • 鉄道(新幹線)

それぞれの移動手段については、以下で見ていたいと思います。

 

高速バス

名神ハイウェイバス

名神ハイウェイバス(Photo by JKT-c licensed under CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons)

片道費用1,500〜4,800円
所要時間約3〜5時間

以下は、大阪〜名古屋間の主な高速バス一覧です。運賃等は、2017年8月調査時点での情報です。

大阪〜名古屋間の高速バス一覧(2017年8月調査時点)
運行会社運賃(片道)時間帯座席
名神ハイウェイバス大阪線1,500〜3,000円4列
青春大阪ドリーム名古屋号2,800〜3,900円4列
京阪神昼特急静岡号3,600円4列
名古屋特急ニュースター号1,760〜3,000円4列
ウィラーエクスプレス1,500~4,800円昼・夜4列
サンシャインエクスプレス2,000〜4,500円昼・夜3・4列
JAMJAM LINER2,200〜4,800円昼・夜3・4列

高速バスは、大阪〜名古屋の移動手段の中で最もリーズナブルな移動手段なんです。大阪〜名古屋間は比較的距離が短いので、昼行便の運行が多いのが特徴です。

早割タイプの運賃がされている高速バスの場合、早めに予約をすることで、運賃がかなり安くなってきます。予定が決まっている場合は、早めに予約手続きを進めることをオススメします。

鉄道(近鉄)

近鉄特急『アーバンライナーネクスト』

近鉄特急『アーバンライナーネクスト』

片道費用2,360〜4,770円
所要時間約2時間10分 〜 3時間20分

大阪難波〜近鉄名古屋間の片道運賃・料金
 種類運賃・料金
普通列車・急行列車2,360円
特急列車(普通車)4,260円
特急列車(デラックスカー)4,770円

グレード的に新幹線の次に位置するのが、近鉄の特急列車(アーバンライナー)です。

近鉄の特急列車は新幹線の次にスピードは速いのですが、新幹線よりは1時間以上時間がかかってしまいます。近鉄の大阪〜名古屋間では、以下のお得な切符を利用できます。

週末は近鉄週末フリーパスを利用すると、片道あたり2,050円と割安に移動することが可能です。近鉄週末フリーパスを利用する場合、特急料金が別に必要になってきます。

近鉄のお得なきっぷ
きっぷ価格片道換算備考
近鉄週末フリーパス4,100円2,050円特急料金は別に必要

近鉄で大阪〜名古屋を安く移動するには、近鉄の株主優待を利用する方法もあります。

近鉄の株主優待は、金券ショップネットオークションなどでも入手できます。なるべく入手コストを安く抑えるのがポイントになってきます。

鉄道(JR在来線)

JR東海道本線の快速列車

JR東海道本線の快速列車

片道費用3,350円(大阪駅〜名古屋の片道運賃)
所要時間約2時間40分〜2時間50分

JRの在来線(普通列車・快速列車)を利用して移動する方法です。つまり、特急列車(新幹線)を利用しないで移動します。

大阪〜名古屋間は比較的近距離なので、在来線での移動も普通だと思われます。新幹線と比べると時間はかかりますが、快速列車の運転本数も多いのが特徴です。

乗継ぎの時刻やルートについては、ジョルダンの青春18きっぷ検索が便利です。

また時期によっては、青春18きっぷ秋の乗り放題パスなどのフリーきっぷを利用することで、リーズナブルに移動することが可能になってきます。

青春18きっぷの場合、1日あたりの価格は2,370円です。大阪駅〜名古屋駅の1往復で元が取れてしまうので、お得だと思います。

鉄道(新幹線)

東海道新幹線と伊吹山

東海道新幹線と伊吹山

片道費用4,200〜8,790円
所要時間約55分〜1時間10分

新幹線で、大阪〜名古屋(新大阪駅〜名古屋駅)を移動する方法です。所要時間が1時間前後と、大阪〜名古屋の移動手段の中で最も速い方法です。スピード時間を重視される方にとって、新幹線は最適な移動手段になってくると思います。

通常の切符をそのまま購入するのが最も普通の方法ですが、お得な切符を購入するという方法もあります。

新大阪〜名古屋の新幹線きっぷ一覧

以下の表は、新大阪〜名古屋の新幹線きっぷ一覧です。

  • 2017年10月時点でのデータを元にしています。
  • 普通車指定席の切符は背景を、グリーン車の切符は背景をにしています。
  • 回数券や往復切符の場合は、片道あたりの価格を計算して表示しています。
  • Eはエクスプレス予約限定の切符、SはスマートEX限定の切符であることを示します。
  • 特急券のみの商品である「e特急券」は、定価の乗車券をプラスした価格を表示しています。
新大阪〜名古屋間の新幹線きっぷ(普通車指定席)
きっぷ名価格(大人・片道)条件等
EXこだまファミリー早特ES4,200円こだま限定・3日前まで・2人以上
ぷらっとこだま4,300〜5,100円こだま限定
新幹線自由席用早特往復きっぷ
※2018年9月23日で発売終了
4,575円往復限定・1週間前まで
EX予約サービスE5,580円
e特急券E5,580円特急券のみ
新幹線回数券(普通車指定席用)5,660円
通常のきっぷ(ひかり・こだま)6,350円通常期の場合
スマートEXサービスS6,360円
通常のきっぷ(のぞみ)6,560円通常期の場合
新大阪〜名古屋間の新幹線きっぷ(グリーン車)
きっぷ名価格(大人・片道)条件等
EXこだまファミリー早特ES5,900円こだま限定・3日前まで・2人以上
EXこだまグリーン早特ES5,980円こだま限定・3日前まで
ぷらっとこだま6,600〜6,800円こだま限定
EX予約サービスE7,800円
e特急券E7,800円特急券のみ
通常のきっぷ(ひかり・こだま)8,580円
スマートEXサービスS8,590円
通常のきっぷ(のぞみ)8,790円

エクスプレス予約とスマートEXについて

上の表で示した『エクスプレス予約』および『スマートEX』は、JRの東海道・山陽新幹線インターネット予約サービスになります。

※『エクスプレス予約』の姉妹サービス『プラスEX』は、2017年9月2日から『エクスプレス予約』に統合されました。(2017年9月6日追記)

金券ショップで購入する

最寄りの金券ショップで、新幹線のチケットを購入することも可能です。

金券ショップで売られている新幹線のチケットは、回数券をバラ売りにしたものがほとんどで、相場は定価の5〜10%程度になっている所が多いようです。

大阪の場合は、梅田エリア(大阪駅前ビル)に金券ショップが集中していますので、そちらで購入してみてもいいかもしれないですね。

まとめ

大阪〜名古屋の移動手段について表にしてまとめると、以下のようになります。

大阪〜名古屋間の移動手段
交通機関費用(片道)所要時間
高速バス1,000〜11,600円約3〜5時間
鉄道(JR在来線)3,350円約2時間40分〜2時間50分
鉄道(近鉄)2,360〜4,770円約2時間10分〜3時間20分
鉄道(新幹線)4,300〜8,790円約55分〜1時間10分
  • 大阪〜名古屋間は比較的距離が短いので、飛行機の運航はありません。そのため鉄道高速バスがメインの移動手段になってきます。
  • スピードを重視するなら、やはり新幹線になると思います。新幹線の所要時間は1時間弱と、各移動手段の中で最も速いです。
  • 新幹線よりは少し費用を抑えたいという場合は、近鉄の特急列車(アーバンライナー)も有力な選択肢だと思います。
  • 一番リーズナブルなのは、高速バスです。大阪〜名古屋間は高速バスの運転本数も多いです。ただし所要時間は、各移動手段の中で一番長くなります。
  • 鉄道(JR在来線)の場合、青春18きっぷなどのフリーきっぷの活用で、時期によっては格安で移動することができます。

これらの点を考慮して、自分にあった移動手段を使って快適かつ、お得に大阪~名古屋間を移動してくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!