気になる彼から「遊んでそう」と思われないためのモテテク!

2018年7月2日

男性から「遊んでそうだなこの子・・・」と思われてしまうことほど悲しいものはないですよね。

遊んでない、むしろ固い方なのに、なんでそんな風に思われてしまうんだろう!?

と疑問に思っている方も多いでしょう。

これはあなたのちょっとした言動や行動によって、判断されてしまっている可能性が高いです。

「遊んでそう」と思われないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

今回はそんなモテテクにスポットライトを当ててみましょう!

 

過度なボディータッチ

ボディータッチというは、気になる彼との親密度をあげるためには、ぜひ用いて欲しいテクニックです。

言葉のやり取りだけでなく、お互いの肌が触れ合うことによって、さらに異性としての意識が強まります

あまりボディータッチはやったことがない・・・という女性は、ぜひこれから気になる彼に対してやってみて欲しい部分でもあります。

しかし!過度なボディータッチをしすぎてしまうと、「軽そうだな~」とか「遊びなれてそうだな~」なんて思われてしまうことも

過度か、過度じゃないかという線引きも、なかなか難しい部分ではあるのですが・・・

 

「サッカー観戦で贔屓のチームに点が入ったら、ハグしてみんなで祝勝♪」

「男性に対して、頭なでなでをついやっちゃう!」

「酔っ払うと、男性の膝の上に座ってしまうことがある~」

 

このようなボディータッチは「過剰なスキンシップ」に該当すると思います。

頻繁に行っていると、「遊んでそうだな」と周囲の男性に思われてしまうので、十分注意が必要ですね。

とくに酔っ払うとスキンシップが過剰になってしまう!という女性は気をつけてください。

シラフのときとギャップがあればあるほど、「この子は酔うと、貞操感がなくなっちゃうんだ」なんて、あらぬ誤解をされることがあります。

気になる彼に幻滅されないためにも、このような過剰なスキンシップ・ボディータッチは避けてください。

 

「ハイタッチ」くらいがちょうどいいかもしれませんね。

例えばいっしょにボーリングをして、ストライクを出したとき、ハグしたりがっつり抱きついたりするのはもちろんNGです。

ここではハイタッチをして、さりげないスキンシップを装うのがベターでしょう。

「遊んでそう」とは思われませんし、気になる彼との親密度を上げるためにも、ぜひやってみて欲しいボディータッチです!

 

気遣いができすぎるというのも・・・ダメ

意外に思われるかもしれませんが、あまりに気遣いできすぎるのもいけないみたいです。

男性からすると、なんだか夜のお店に来ているような感覚になることも・・・。

飲み会においても、ごはんを取り分けてあげる・お酒がなくなったら店員さんを呼んであげるなどなど

このようなことを逐一買って出ていると、なんだか、あなたはホステスさんのような役回りになってしまいますね!

あまりにも手際よくいろんな世話を焼いてしまうと、「こういうの慣れてるのかな~」なんて印象がついてしまう可能性もあります

 

女「あ、○○くん。お酒もう少ないけど大丈夫?」

男「ほんとだ・・・うーん、次なに飲もうかな」

女「日本酒とかいっちゃえば?○○くん、お酒強いんでしょ~?」

男「まぁね、強いっていうか好きなだけなんだけど。」

女「じゃあ、日本酒で!わたしも付き合うからさ!」

男「はは、じゃあ、そうしようかな。」

女「おねがいしまーす」

男「・・・(お願いします・・・?キャバ嬢みたいだな)」

 

実は、店員さんを呼ぶときに「お願いします」と声をかけるのは、水商売の人を連想させる要素なんだそうです

キャバクラ嬢の女性は、ボーイさんを呼ぶときには、必ず「お願いしま~す」なんて声がけをするんですね。

こういった知識は、女性からするとあまり馴染みがないかもしれませんが・・・

男性からすると、知っている人は知っているというレベルの知識みたいです

飲み会などでうっかり「お願いします」と言って店員さんを呼ぶと、何割かの男性には水商売っぽいと思われてしまうかも。

口癖になってしまっている方は、ぜひ改善していきましょう!

 

男性に対して気遣いをしすぎてしまうと、好意でやっているつもりでも、だんだん嘘くさくなってくるのです。

これが「遊んでいる女性」「遊び慣れている女性」という雰囲気を作り出してしまうのでしょう・・・。

飲み会などに参加したときは、最低限の気遣いや世話焼きでOKです。男性にも積極的に注文や集金の手伝いをしてもらいましょう。

私がするね!なんて何でも引き受けてしまうのは、あなたのイメージアップにならないのです。

世話焼きの習性が染み付いてしまっている、なんて方もいるかとは思いますが・・・

そこはなんとか変えていきましょう。気になる彼に遊んでそうなんて、イメージを持たれてからでは、なかなか払拭が難しいですよ!

 

甘えるのが裏目に出ることも

男性に甘える、というのは女性にとって必殺技ともいうべき手段です。

甘えることによって男性に女性らしさを感じてもらえますし、あなたのことを「守ってあげたい」と彼も思うはずです。

しかし、甘えることが頻繁になってくると、「この子もしかしたら遊びなれてるのかな?」と気になる彼に疑問を持たれてしまうことも・・・

 

「○○くんドライブ行きたい~!」

「○○くん、ここのお店のピザ、すごいおいしいみたいだよ!?一度食べてみたいよね~!!」

「花火の季節だね。混雑するかもしれないけど・・・誰か場所取っておいてくれないかな~」

 

このような発言があると、男性は、甘えているというか…男好きで、利用している!?と思われがち・・・

これは気を付けないと、気になる彼からマイナスの印象ばかりがあなたについてしまいます

甘えるのはできれば、付き合った後にしたほうがいいみたいです・・・。

まだお互いのキョリを詰めている段階で、何でもかんでも甘えてしまうと、それが逆効果になることが考えられます。

甘え上手なのはけっこうなことですが、あまりに頻度が高いと「遊んでそう」というイメージがつく

この知識はぜひ頭の中に入れておいてくださいね!

何でも甘えれば男性がコロッと落ちてくれる、という認識がある方はまずはそこから改めていきましょう。

甘えられるのに慣れておらず、抵抗のある男性というのも少なくありません。

遊んでそう、と思われない程度に留めておいてくださいね!

「遊んでそう」といつの間にか思われないために

気になる彼から遊んでそうな女性、なんて思われてしまっては一巻の終わり・・・

このイメージが一回ついてしまうと、なかなか払拭するのは難しそうですね

そうならないためにも、上記のような言動や行動に気をつけて、気になる彼と接していきましょう。

やはり、好きな人には「遊んでる女性」なんて思われたくないですよね・・・

男性に対して、積極的な姿勢がとれるのは素晴らしいことですが、頻度や限度を常に意識していろいろなアプローチをするのがベスト

なんでも過度になってしまうのは、禁物ですよ!気をつけましょう!!

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?