失敗したくない!初デートの誘い方教えます!

失敗したくない!初デートの誘い方教えます!

男性でも女性でもデートにて嬉しくない人はいませんよね。でも実際誘う側になると悩む人も多いのでは?いつ、どこに誘う?相手の興味のある事は?でも断られたらどうしよう、、悩みだすとキリがないですよね、。

そんなあなたの初デートのために男女別のデートの誘い方を教えます!注意点もチェックしてみてくださいね、

男性からデートに誘う場合

基本的な注意点は「隣で寄り添う」感じでのアプローチを心がける点です。例えて言えば、席に座るときに向かいに座って「対面する」のではなく、隣に座って「同じ方向をむく」ということですね。人と人がコミュニケーションを取る場合に、対面というのは緊張しますので注意です。ですが、視線を交錯させる位置関係になるので、取引などで相手の真意や誠意を見抜く必要がある時には有効な方法です。デートでは女性に不要な緊張を強いてしまうので警戒心を呼び起こすことにもなりかねなません。

隣に座っていれば、視線の緊張感から解放されるので、リラックスした気分につながりやすく、会話も弾みますので注意しておきましょう。仲直りできますように

 

誕生日前後が誘いやすい!

イベントの中で、誕生日というのは女性にとって最重要なもののひとつです。もし、アプローチを考えている女性に特定の相手がいなければ、最大のチャンスとなります。この誘いに乗ってくるなら、今後の展開に相当な可能性があると考えてもいいと思います。

とは言っても、誕生日はプライベートなお祝いの日であり、通常は家族や友人やお付き合いしている相手と祝うものです。そうなると、最初のデートで誕生日を一緒に過ごすためには、相応の親密な関係になっておくのが前提です。

例えば、日頃からさまざまな機会をとらえて、友人以上恋人未満レベルの関係を作っておくことが重要となる。なので、誕生日ではなく、前後が1番誘いやすい日です。

 

異性だけではなく、人を誘うときに最もポピュラーな誘い文句が「食事」

食事を共にすると親密になれるとよく言われています。同じ場所で同じ料理を食べていると、知らず知らずのうちに同じ呼吸のリズムになります。

例えば、熱い鍋を囲むときには、だれもがフーフーという深い呼吸をしていますよね?このように呼吸が同調することを「息が合う」といいます。この同調効果があるために食事は人を誘う際の基本行為になっています。

ただし、最初のデートであればディナーではなく、ランチにしておくのが賢明です。警戒心を解くことが初デートでは重要なので夜では無く昼であれば気軽に応じることが出来るからです。ランチであれば金額もリーズナブルなので、おごってもらってもそれほど心理的負担にならないし、時間も昼の時間帯なので、健康的な時間を共有できて、好印象につながります。

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?