昭和記念公園花火大会2018年に開催の穴場スポットは?当日の混雑を避けて入る場所取りテクニックはこれ!

 

立川まつり国営昭和記念公園花火大会とは?

東京都立川市の国営昭和記念公園で開催される毎年恒例の花火大会です。園内と外周道路などを合わせると、例年約80万人の観客でにぎわう立川の夏の風物詩イベントとなっています。

昭和記念公園は非常に敷地面積が大きいので、他の東京都内の花火大会と比べると観賞場所の確保がしやすくなっています。ゆったりと花火を観賞できるのがうれしいですね。ダイナミックな1.5尺玉(直径380m)をはじめ、豪華なワイドスターマインや芸術玉、匠玉など演出にこだわった花火を心ゆくまで楽しめます。

立川の花火大会は歴史がとっても深く、1954年(昭和29年)の第1回納涼花火大会以来、今年で記念すべき第60回目を迎えました。

2018年度の今年は、例年より1,000発多い6,000発が打ち上げられる予定です。

開催日は隅田川花火大会と同じく、2018年7月28日(土)に開始されます。都内の花火大会って、どうして同じ日に被ることが多いのでしょうか・・?

多くの人があまり知らないよく花火が見られる穴場スポットを知っておけば、混雑を避けて楽しく見ることができます。


とっておきの穴場スポットでよく見える場所は一体どこで、どうすればいい場所を取ることができるのでしょうか?

昭和記念公園の花火大会は夕方無料開放ゆえに大混雑!

昭和記念公園の花火大会の開催時間は、19時20分〜20時20分まで予定されていますので、夕方近くに立川に行く計画をされる方が多いかと思います。

昭和記念公園の入場料は、15歳以上の大人は450円、6歳以上の子供は無料ですが、18時以降は無料開放されるため、17時ぐらいから大混雑が予想されます。

JR立川駅で降りてから公園に歩いて行かれる方が多いかと思いますが、歩道は人、人、人でなかなか進みません。

 

 

JR立川駅から通常なら歩いて15分でたどりつく所が、花火大会当日はおそらく30分以上はかかるかと思います。

ギリギリの時間に行くと、花火大会が終わってしまう恐れがありますので、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

当日は駐車場は朝から大混雑!車で鑑賞なんて普通にあり

昭和記念公園に車で行かれる方も多いかもしれませんが、花火大会当日は道路は交通規制が入っており、付近の道路は通行止めになっています。

 

多摩都市モノレール沿いの道路は、午後7時30分から21時30分まで、自転車は通行することができません。

 

mm_2016-07-24 09.37.55

昭和記念公園には車で来る方もとても多く、花火大会以外の休日でも駐車場は朝から大行列になっています。

花火大会を見るために、夕方から行っても駐車場なんてまったく空いていませんし、ほとんど空かないでしょう。

最悪の場合、車の中から花火が打ち上がるのを見ることになりますし、車で渋滞してイライラしながら眺めるなんてすごくイヤですよね。

 

mm_2016-07-24 10.03.31

昭和記念公園の沿道は、駐車場に入れない車でいっぱいになります。

花火大会当日は、出来る限り電車かバスなどの交通機関を利用して行くことをおすすめしたいと思います。

当日の混雑を避けて入る場所取りテクニックはこれ!

夕方から行ったら、会場にたどり着くまでが大変です。スイスイと入れる場所取りテクニックってないのでしょうか?

実は、早起きがポイントです。

花火大会当日に混雑を避けて入るためには、朝の開園時間である9時30分前から並んで公園に入ることがベストです。

 

昭和記念公園には、スライダーもある巨大なプールが完備されています。朝から楽しむことができるレジャースポットですので、花火大会には水着を持参して行きましょう。

浴衣で行くのも、とても楽しいんですけれどね。

花火大会当日は、半袖・短パンにプールバッグ持参で行くことを、私は断然おすすめいたします。

 特別協賛者観覧チケットを事前に購入していく

花火をゆったりと楽しみたい方は、「特別協賛者観覧チケット」がおすすめです。

「みんなの原っぱ特設エリア」で鑑賞することができ、日中の場所取りも不要ですし、売店や専用トイレまであります。

発売されるチケットは、全部で3種類あります。

種別 定員 金額 販売数 備考
レジャーシート付チケット 2名 6,000円 1,600 0.9m×1.6m
イス席チケット 1名 4,000円 2,160
団体シートチケット 10名 40,000円 30 5m×5m

 

団体シートは「Sエリア」と「Aエリア」の2箇所あります。「Sエリア」の方が打ち上げ場所に近いエリアになります。

 

こちらはイス席です。1名から利用することができます。

例年6月上旬ぐらいから発売されますが、2018年度は6月9日(土)10時から発売開始されます。

全国のローソン・ミニストップ・セブンイレブンで発売されますので、場所取り要らずのプレミアムチケットをぜひ手に入れましょう。

しかし!

公式サイトで入手するよりももっとお得に手に入れる方法があります。誰よりも先にプレミアムチケットを手に入れたい方は、知っておいた方がいいですよ?

花火大会の会場まで、かなり歩くことを覚悟しなければならない

昭和記念公園の花火大会のメイン会場は、公園入口から約10〜15分歩いた場所にある「みんなの原っぱ」という所で開催されます。

ここは東京ドーム2個分もあるぐらい巨大な原っぱですので、会場を歩くだけでヘトヘトに疲れ果ててしまうはずです。

 

こちらが午前10時30分現在の会場の様子です。すでにブルーシートで場所取りをしている人達でいっぱいで、熱気ムンムンでした。

「みんなの原っぱ」にたどり着くだけでもかなり時間がかかりますので、レンタサイクルなどを借りたり、園内を走っているバスに乗って行かれる方も多いです。

 

やっぱり花火が大迫力で見られるベストスポットは、みんなの原っぱですよね。

焼きそばや焼き鳥などの屋台などもたくさん出ていますから、行くだけでもワクワクしてしまいます。

 

しかし、会場内のトイレは大行列ですし、浴衣が汗だくでボロボロになることでしょう。

「こんな大混雑の中に行くのは、やっぱりイヤだわ!」

大音量で大迫力では見られないけれど、もっと快適に見られる穴場スポットって一体どこでしょうか?

現地以外でも花火がよく見える穴場スポット8選!

大混雑する会場に行かなくても、周辺でよく花火が見える穴場スポットを8つご紹介したいと思います。

穴場スポット1:昭和記念公園の立川口、あけぼの口、西立川口以外

昭和記念公園には、「あけぼの口」、「昭島口」、「玉川上水口」、「砂川口」、「立川口」、「西立川口」と6つの入口があります。

ほとんどの方がJR立川駅からのアクセスが1番近い「立川口」か「あけぼの口」から入られる方が多く、見物客も1番多くいる場所です。

次にJR西立川駅直結の「西立川口」かと思いますが、この3つの入口はメチャクチャ人混みがすごい入り口です。

 

mm_chizu_2016-07-24_16_44_27

この3つの入口以外は駅から遠いために、比較的穴場スポットで花火も大迫力で見ることができます。

穴場スポット2:立川警察署前も交差点付近

立川警察署がある大きな交差点付近は、道も広くて実はとっても見やすいスポットなのです。

駅から結構離れている場所ですから、比較的空いているスポットなのでしょう。

 

mm_2016-07-24 10.15.36

立川警察署を後ろに、この方向に花火が打ち上がる予定です。

「あけぼの口」に入らずに直進して、「国立病院前」を左折すると、徒歩約16分でたどり着きます。

騒ぎすぎて、すぐ後ろの警察に補導されないように気をつけましょう・・。

穴場スポット3:室内で見るにはおすすめ!ファミレス「バーミヤン」の中

昭和記念公園に1番近いファミレスが、「あけぼの口」の目の前のビルの2階にある「バーミヤン 立川駅北口」です。

ここから視界が開けているため、花火がとってもよく見える穴場スポットです。

しかし、おそらく朝から場所取りで入られている方も多数いるかもしれません・・。

駅からは徒歩7分でたどり着きますので、始まるまでの休憩スポットとして利用するのもおすすめです。

穴場スポット4:立川タカシマヤ「屋上ビヤガーデン」

立川駅から歩いてすぐの場所にある「立川タカシマヤ」では、10階の屋上にてビヤガーデンを開催しています。

ビヤガーデンでビールを飲みながらの花火鑑賞は、たまらないぐらい快適で絶好のロケーションですが、実は予約申し込みが必要で抽選となっています。

当たれば絶好の穴場スポットだけに、昭和記念公園の花火大会をビールを飲み放題飲みながら見たい方は、ぜひとも当たるように祈っておきましょう。

穴場スポット5:「ららぽーと立川立飛」2Fのカフェと駐車場

多摩都市モノレール「立飛(たちひ)」に直結している大型ショッピングモール「ららぽーと立川立飛」の2Fに、フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」があります。

 

営業時間は、10:00~21:00(ラストオーダー20:00)までです。夜に行けば、広々としたテラス席から、昭和記念公園の花火をバッチリと見ることができるでしょう。

 

店内のフードコートは大きな窓ガラスですので、花火が打ち上がったらバッチリと見ることができます。

しかし花火大会当日は、フードコート内の時間の利用制限などがありますので、当日はマナーを守って楽しむようにしましょう。

小さなお子さん連れには、最適な穴場スポットです。

 

7月13日(金)〜27日(金)の期間中、ららぽーと立川立飛で5,000円以上(税込・レシート2枚まで合算可)買うと、レシートを花火大会当日に優待観覧エリアに持っていけば、先着で2,000名に優待観覧エリア入場券がもらえます。

注意することは、28日(土)の当日に買ってももらえません!

花火大会当日についでに買い物すればいいや〜では、ダメなんですよ(泣)

 

優待観覧エリアは、P3立体駐車場の屋上です。

広々とした駐車場からの眺めは、最高のロケーションです。特等席で見たい方は、ぜひ前日までに買い物を済ませておきましょう。

穴場スポット6:多摩都市モノレール沿線沿い(立川北〜立飛)

mm_20160704_110754

多摩都市モノレール沿いを歩くだけでも、花火の絶景穴場スポットになっています。特に立川北駅や立飛駅間の下は、とってもよく見えることができます。

歩きながらでもいいので花火を鑑賞されたい方は、ぜひ多摩都市モノレール沿いを歩いてみてください。

穴場スポット7:イトーヨーカドー東大和店の屋上

東京都東大和市にある「イトーヨーカドー東大和店」では、花火大会当日は屋上が開放されています。

イトーヨーカドーの店内で食べ物などを調達することができますし、トイレも十分に完備してますから快適度抜群です。

ただし、喫煙・飲酒はNGですのでご注意ください。

 

花火大会当日は、朝からここで場所取り合戦が行われるとのことです。レジャーシートを持って朝から頑張りましょう。

 

花火大会直後は、駐車場が大混雑することは覚悟の上で入りましょう。

イトーヨーカドー東大和店の屋上の1番の難点は、会場からかなり遠いことです。打ち上げ花火の音の迫力が欠けてしまうことですね。

でも小さなお子さんがいらっしゃる方は、無理しないでこういったスーパーの屋上を利用して見ることが、1番ストレスなく見ることが出来るスポットです。

花火はこちらの方角から見ることができますので、いい場所をぜひ確保するようにしましょう。

穴場スポット8:パレスホテル立川に宿泊する

立川駅から徒歩4分の地にあり、昭和記念公園を一望できるホテルが「パレスホテル立川」です。

 

花火大会特別メニューがランチにもあり、当日は1日中楽しむことができます。

花火大会当日限定で楽しめる「花火大会 宿泊プラン」があります。

宿泊が取れれば誰にも邪魔されることなく、大輪の花火を部屋から楽しむことができます。

室数限定です。埋まってしまわないうちに、早目にお得に予約ができる「一休.com」「楽天トラベル」で申し込みをしましょう。

穴場スポットだと思ったら、当日入ることが出来ない場所

昭和記念公園のすぐ隣に「IKEA(イケヤ)立川」があるのですが、こちらの屋上も駐車場になっていますので、絶好の穴場スポットになりそうです。

ここでも当日見られるのかとお店の方に聞いてみたのですが、「花火大会当日は駐車場はすべて閉めきります」ということでした。

ざ、残念・・。

 

「IKEA立川」の屋上から花火が見られたら、最高のロケーションなのですけれどね(泣)

他にも近場の高い建物では、伊勢丹立川は屋上閉鎖中、エキュート立川もNG、立川市役所も18時で閉鎖してしまうためNGということでした。

高い建物がたくさんあるのに、非常に残念ですが、大混乱しないための処置だと思われますので、きちんとルールは守るようにしましょう。

  • 開催日時:2018年7月28日(土) 19時20分 ~ 20時20分
  • 開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
  • 入園料:大人(15歳以上)450円、小人(6歳以上15歳未満 )無料、18時以降は無料
  • アクセス:JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
  • 昭和記念公園花火大会の公式サイトはこちら
  • 昭和記念公園の公式サイトはこちら

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?