足立区花火大会2018年の日程はいつ?7/21に決定?

足立の花火2018年の日程・時間は?

《開催日》2018年7月21日(土曜日)

《打ち上げ時間》19:30~20:30

※荒天の場合は中止となっています。

《会場》荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

《打上数》約1万2000発

都内にも関わらず、荒川という開けた場所で花火が打ち上がるため、比較的混雑が少ないのもその特徴と言われていますが、それでも例年観客は60万人にも上ります。また、5分間の間に4,000発もの花火が打ち上がるので、花火の光や色とともに体に響くような音も存分に楽しむことができます。

 

足立区花火大会2018年の歴史は?

足立の花火は、東京メトロ千代田線鉄橋から西新井橋間の荒川河川敷が会場となっています。起源を辿ってみると、明治年間に千住大橋の落成を祝って花火を打ち上げたのが始まりで約100年の歴史を誇る伝統の花火大会です。

近隣の大規模花火大会の先陣をきって開催されるので今年初の花火大会という人もおおいのではないでしょうか?見所は、1時間に約1万2千発を打ち上げる、高密度に凝縮された大迫力の打ち上げ花火です!超連射されるスターマインを何セットも同時に打ち上げるワイドスターマインや大会名物のナイアガラなど、約300mもある打ち上げ幅を生かした花火は夏の思い出として記憶に残ること間違い無しです。

迫力のクライマックスは、ワイドスクリーンに映える名物・ナイアガラです。

そして、行進曲「威風堂々」に合わせて桜の名が付いた「満開のしだれ桜」の連続打ち上げは圧巻です。

怒涛のクライマックスと音楽に合わせて開く美しい光の花が、
もう1時間経ったの?と思うくらい釘付けです。

 

足立花火大会2018年の穴場スポットを紹介!

足立の花火の特徴は、打ち上げ場所と観覧場所が近く花火を間近で見られることです。
また、河川敷が会場なので、土手の斜面などに座ってゆったりと楽しむことができます。ですが打ち上げ場所の千住側(堤南)は、指定観覧場所の中では最も混雑する場所です。下から見上げる迫力の花火もいいですが、少し離れた場所でゆっくりと眺める花火もおすすめです。

①梅島・西新井側の河川敷

千住側に比べて鑑賞エリアも広く、ゆったりと鑑賞できます。足立の花火の見せ場でもある『ナイアガラ』の滝が切れずに見ることができます。

・西新井側からの撮影動画

【場所地図】


大きな地図で見る

②扇橋大橋付近

打ち上げ会場からは少し離れますが、花火を正面に見ることができるので首が楽です。
人ごみも比較的少なく、ゆっくり観賞できます。

【場所地図】


大きな地図で見る

③虹の広場

虹の広場は堤南の河川敷に位置しますが、打ち上げ会場からやや離れた場所にあるため、本会場ほど混雑がありません。場所は、千住新橋とつくばエクスプレス線のちょうど中央辺り。

【場所地図】


大きな地図で見る

 

④屋形船

地上からとは異なる趣で楽しめる屋形船は、少人数でゆっくりと観賞できるのも魅力です。花火会場は最寄り駅からも遠く、交通規制もあるので、規制のない水上は穴場のひとつです。

《足立の花火を観賞できる屋形船》

屋形船 瀬川丸 http://www.segawamaru.com/hanabi.html

船宿 あみ達 http://www.amitatsu.jp/hanabi/

屋形船 池上 http://www.amitatsu.jp/hanabi/

釣八乙女丸 http://www.turibune.co.jp/adachikuhana.html

※空席情報などは、各業者にお問い合わせください。

足立の花火の打ち上げ場所


adachimap

足立の花火の会場までの最寄りの駅は?

  • 地下鉄(千代田線・日比谷線) 北千住駅 (4番出口)から徒歩17分以上
  • JR・東武・つくばEx 北千住駅 (西出口)から 徒歩18分以上
  • 東武伊勢崎線・日光線 五反野駅から徒歩21分以上
  • 東武伊勢崎線・日光線 小菅駅から徒歩22分以上
  • 東武伊勢崎線・日光線 梅島駅から徒歩22分以上足立の花火の場所取りのポイント

adachibasyotori
足立の花火が、他の花火大会と違うところは、近距離で観賞が出来るというのが魅力です。ですから、荒川の河川敷や川の土手で眺めるというのが最高です。観覧場所は、千住側(正面)と西新井側(裏側)の二つがあります。どちらも無料で観覧することができますが、場所取りが必要です。また、千住側は場所が狭いので混みやすいです。

西新井川のほうが余裕でくつろげると思います。千住側(正面)は混みやすいので良い場所取りのために14時くらいには行った方がよいと思います。西新井側(裏側)はそれほど混まないので、15時までに行くのがベストです。

 

 

穴場スポットを場所取りしたい!

足立の花火・場所取り

大変な混雑が見込まれる足立の花火大会でので、千住側の場合は、15時までに場所取りするのがベストと言われています。

これが難しい場合は、千住側よりも西新井側のほうが、比較的ゆったり楽しむことができるようです。

理由として、西新井側の河川敷のほうがは広いことと、千住側よりもアクセスの種類が少ないことが挙げられます。

西新井近隣に住む男性のお話では、昨年は、仕事を終えて一風呂浴びてから出かけても、座って観ることができた、とのことでした。

アクセスが便利な千住側も魅力的ですが、少し足を伸ばして、西新井側での鑑賞もオススメです。

その他、協賛金やプログラムに広告を掲載することで、1口あたり決まった数の「協会観覧場所入場券(ブルーシート敷き・先着順・座席指定なし)」を手に入れることもできるようです。

 

場所取り時の注意事項

場所取りに関しては、近年、スプレーによるペイントが問題になっていて、スプレーペイントやドローン、石、杭等、河川を傷つけるものは禁止されていますので、ルールを守って場所取りしましょうね。

人が座って場所を取る場合は、熱中症や虫刺されの対策も万全にしておきましょう。

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?