日焼けケアのおすすめは飲む日焼け止めのホワイトヴェール!夜でも日焼け対策をしよう!

2018年7月21日

飲む日焼け止めの効果の比較!塗る日焼け止めと結局コスパがいいのはどっち?

7月を迎えて暑さが厳しくなりましたね。梅雨も開け始めて本格的に紫外線対策を始められた人もいると思います。紫外線対策として重要なのは日焼け止めですね。

最近では、飲む日焼け止めも世にでてきて、その手軽さで流行しましたね。でもふと思ったんですけど、塗るタイプと飲むタイプどっちが効果や費用面で得なのか謎ですよね。今回は、「飲む日焼け止めを飲んでいれば、塗るタイプは要らないのか?」「塗るタイプと飲むタイプではどう違うのか?」などを比較してみたいと思います。

そもそも塗る日焼け止めの日焼け止め効果とは?

塗る日焼け止めは、紫外線が肌の細胞に届くのを防ぐことで、日焼けを防止してくれる効果が期待できるタイプです。塗るタイプの日焼け止めに記載されている「SPF」や「PA」は、以下のように分類されます。

・SPF(Sun Protection Factor)主にUV-Bを防ぐ指標。紫外線を浴びた後の紅斑を防ぐ効果が強いものほど数値が高くなる。

・PA(Protection grade of UV-A)UV-Aを防ぐ指標。UV-Aを浴びた後の黒化を防ぐ効果が高いものほど「+」が多くなる。

塗る日焼け止めに配合の成分は?安全なのか?効果はあるのか?

塗るタイプの日焼け止めには、液状やクリーム状、乳液、スプレーやシート状など様々な種類のものがありま すが、いずれの日焼け止めにも紫外線防止剤というものが配合されています。紫外線防止剤は「紫外線吸収剤(有機系素材)」と「紫外線散乱剤(無機系素材)」の2つに大きく分けられますが、日焼け止めにはそれらに分類される紫外線防止剤が数種類組み合わされて入っています。

紫外線吸収剤は吸収した紫外線を熱などのエネルギーに変えて放出し、「紫外線散乱剤」は紫外線を肌の表面で散乱・反射させることで紫外線が肌の細胞に届くことを防ぎます。

紫外線吸収剤は「白くならない」という特長がある反面、まれにアレルギーを起こすことがあります。一方で、紫外線散乱剤は、多少白くなりますがアレルギーを起こすことがほとんどないため、子供用や敏感肌用 として売られていることも多いです。

そういった商品には「紫外線吸収剤無配合」や「紫外線吸収剤フリー」、もしくは「ノンケミカルサンスクリーン」といった表示がされています。

 

 

飲む日焼け止めの日焼け止め効果とは

飲む日焼け止めは基本的に紫外線ダメージを内側からケアするものであるため、「紫外線そのものをブロックする」効果は期待できません。しかし、塗る日焼け止めが使用できない場合でも、浴びた紫外線からのダメージをケアしてくれる効果が期待できることから、肌の弱い方などにも紫外線対策として活用することが可能です。

 

また、食品からも摂取出来る「紫外線対策に役立つ」栄養素もあることがわかりました。

・β-カロテン:緑黄色野菜などに多く含まれる。抗酸化作用があり、紫外線に当たった後に赤くなる症状(紅斑)を防ぐ効果が期待できる
・リコピン:トマト、スイカなどに多く含まれる。抗酸化作用があり、紫外線に当たった後に赤くなる症状(紅斑)を防ぐ効果が期待できる
・ビタミンC:生の野菜や果物に多く含まれる。抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える効果が期待できる
・α-リノレン酸:亜麻仁油やえごま油に多く含まれる。皮膚中に多く存在し、肌のバリア機能を維持してくれる

これらの栄養素を食事から摂ることも意識していただくと夏は特にいいみたいです。

 

紫外線防止は「外から」と「内から」のどちらも大切

ご紹介したように、「塗る日焼け止め」と「飲む日焼け止め」は紫外線を防止する機序が異なります。

「塗る日焼け止め」は紫外線そのものを防いでくれるため、塗った部分へのダメージを防ぐことができます。

しかし使用する日焼け止めの効力や持続時間によっては、ダメージを防ぎきることが難しく、さらに塗る日焼け止めを塗りにくい、もしくは塗れない部分(頭皮や目など)があること、こまめに塗り直す必要があることなどから、「塗る日焼け止め」だけでは、紫外線ダメージを防ぎきれないことがあります。

また近年の調査で、日焼け止めを週3回以上使うグループは血中ビタミンD濃度が通年で基準値を下回る欠乏状態であることがわかったという報告がされています。

そのため、塗る日焼け止めの過度な使用は、ビタミンD欠乏症のリスクにもなると考えられます。

 

「飲む日焼け止め」は、塗る日焼け止めと異なり、紫外線そのものを防止する効果はありませんが、浴びてしまった紫外線からのダメージをケアしてくれる効果が期待できます。

ということはつまり、併用が1番ということですね。併用することで中からと外からの両方から紫外線を防ぐことができるんですね。特に飲む日焼け止めは継続することでより効果を発揮するみたいです。

 

UV対策は、夏だけすれば良いと思っていませんか?

紫外線のピークは5月〜8月ですが、実は1年中降り注いでいます。
つまり、一年中対策が必要なんですね。ですので本来なら一年中対策を取らなければいけません。ですが、めんどくさいし、コストがかかりますよね。

外出予定日から逆算して対策をとろう!

毎日日焼け止めを塗るのはきついと思います。なので、飲む日焼け止めで対策をしながら、実際に外出時に塗るタイプを併用するのが1番効果的だと考えられます。

飲む日焼け止めってどんなもの?

形状は、粒やカプセルタイプなどがあります。 効果は、塗る日焼け止めは肌に降り注ぐ紫外線を防ぐ作用がありますが、飲む日焼け止めは受けてしまった紫外線ダメージを体の内側から抑制して、シミなどの原因を排出する働きがあります。

ただし、飲めば必ず日焼けをしないわけではないので注意しましょう。

飲む日焼け止めの効果

  • 日焼けを軽減できる
  • シミやシワの原因をブロック
  • 肌の酸化を抑える

主成分

国産品はシトラス果実とローズマリーの葉から抽出したエキスを混合した「ニュートロックスサン」を主成分にしたものが多く、海外品はシダ科の植物から抽出した特許成分である「フェーンブロック」を主成分にした製品が主になります。

共に天然成分で日焼けに対する有効性は確認されているので安全面には問題はありません。

ただし、「フェーンブロック」はアレルギー性の高い植物からの抽出物のためアレルギー体質の人は注意が必要です。

服用して効果が出るまでの時間は?

「ニュートロックスサン」と「フェーンブロック」では、効果が現れるまでの時間と持続時間が異なります。

ニュートロックスサン

効果が出るまでの時間:服用後25時間程度

効果の持続時間:約24時間

「ニュートロックスサン」は、毎日飲み続けることで効果が高まることが研究で分かっています。

実証! 85日間飲み続けることで56.1%紫外線をカット!

出典:NutroxSun – Estudios científicos

ニュートロックスサンを飲み続けた結果57日後には紫外線カット率が34.2%上昇、85日後には56.1%までアップしたことが研究結果で分かっています。

フェーンブロック

  • 効果が出るまでの時間:服用後30分程度
  • 効果の持続時間: 4〜6時間程度

「フェーンブロック」は、即効性が強みです。

フェーンブロックは紫外線による皮膚トラブルに有効であるとして、世界80カ国もの医療機関で処方され、日本でも皮膚科などのクリニックでしか購入できません。

飲む日焼け止めの効果的な飲み方は?

ニュートロックスサン

外出の1〜2時間前くらいに飲むと良いでしょう。

紫外線を浴びてしまった後や日焼けをしてしまった後に飲んでも効果があります。飲み続けることで紫外線カット率が高まるため、毎日摂取することをオススメします。

フェーンブロック

服用後30分程で力が発揮されるため、外出をする30分ほど前の服用がオススメです。

どちらも飲む時は、成分を余すことなく吸収するために、水やぬるま湯で飲むのがベスト。 飲みにくいと感じた場合は、ジュースやヨーグルトと一緒に服用してもOKです。

ただし、お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物での服用は、胃に刺激を与えるので絶対にやめましょう。

ニュトロックスサンとフェーンブロック比較表

ニュートロックスサン フェーンブロック
効果が出るまでの時間 服用後約25時間 服用後約30分
効果の持続時間 約24時間 約4〜6時間
飲むタイミング 外出1〜2時間ほど前 外出30分ほど前

ニュートロックスサンとフェーンブロックどっちが良いの?

日焼け止めサプリ初心者には、ニュートロックスサンをオススメします。

その理由は、ニュートロックスサンを主成分にしたものは日本製が多く、日本人向けにつくられているからです。皮膚科などのクリニックでしか購入できないフェーンブロックよりも入手しやすいというメリットもあります。

ニュートロックスサンのおすすめ飲む日焼け止めを共有します!

 

 

1日2粒で簡単♪今年の夏はコレで決まり!太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】 

①ホワイトヴェールの働きは?

紫外線、生活習慣、ストレス、喫煙など肌に刺激を受けてシミやしわ、そして肌を赤く、黒く、日焼けの原因を作るのが活性酸素の存在です。この活性酸素がメラニンを刺激して黒ずみの原因に、そして肌内部でシミ・しわの原因になってしまいます。この活性酸素を抑えるのが飲む日焼け止めの働きなんです。

ホワイトヴェールは国内で飲む日焼け止めに多く利用されているニュートロックスサンを利用しています。シトラスとローズマリーから抽出したポリフェノールが強い抗酸化作用、インナーケア、紫外線ケアに働いてくれます。

ニュートロックスサンが独自に臨床した結果がホームページで掲載されていて、85日間飲んで約6割のインナーケアに成功しています。具体的な数値が発表されているからこその信頼を勝ち取った成分ということがわかります。

②ホワイトヴェールの人気は他にもあり??それは栄養機能食品の表示

飲む日焼け止めに限らずサプリメントがはいろいろな成分を含みますが、どれだけの量が入っているかは不明です。含み量を記載しているものもあれば載せていないものも多くあります。栄養機能食品は国が定めて成分量を含まなければ載せることができない表示なんです。

ホワイトヴェールはビタミンB1、B2 、B6、パントテン酸、ビタミンDを含み、日々の不足しがちな栄養を補給してくれる働きを持ちます。強い抗酸化作用と、日々の栄養を補う、この着目点のバランスの良さが他の飲む日焼け止めと違う人気の理由なんですね。

③ホワイトヴェールの価格は飲む日焼け止めの中では平均的な価格帯

飲む日焼け止めは様々な種類がでています。価格もピンきりです。安ければ安い方が消費者としては有り難いんですが、こういうサプリ系は安すぎると少し怖いです。かと言って高価なサプリを購入して全く効果がなかったということも嫌ですよね。

その点、ホワイトヴェールは平均的な価格で、さらに定期で申し込むことで大幅な値引きを受けることができます。定期縛りなど制約が無いので使わない手はありませんね。

蓮実クレア@8/11宅飲みクレアin名古屋@kurea_hasumi

今年の夏はファンの方に飲む日焼け止めをいただいてはじめて飲んでました✨fracoraのやつとホワイトヴェール✨
すんごくよかったので自分でも買って1年中日焼け対策することにした😁👍(冬も紫外線強いのよ)
2種類2袋ずつ買ったんだけど片方届かなかったからもう1回注文する😊💦

ホワイトヴェール
初回価格 980円
2回目以降 4,980円
返金保証 90日間

2018年6月時点

m o m o@cosme_cosme11


毎朝ホワイトヴェールという飲む日焼け止めを飲んでます。冬は2つ、春秋は3つ、夏は4つ。朝に一回飲むだけでいいしほかの飲む日焼け止めよりコスパ良い!

④ホワイトヴェールは肌に栄養を補給できる!

人気の日焼け止め成分のニュートロックスサンを含むのがホワイトヴェールです。ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出したポリフェノール。これが紫外線ケアに働いてくれます。何故ニュートロックスサンの飲む日焼け止めが人気なのかと言えば、実験結果がしっかり公表されていて安心されているからです。

また、栄養機能食品の表示がありビタミンB1、B2 、B6、パントテン酸、ビタミンDと日々不足しがちな栄養補給ができる点。そして、女性にはおなじみのザクロエキス、メロンプラセンタ、目の紫外線にルティン、毛穴ケアにアーティチョーク、その他にも豊富なハーブ、グァバ、アムラ、レモン、ホーリーバジル、トマトと豊富な素材で作り上げられています。

飲む日焼け止めランキングでも常に上位を獲得している人気の一品ホワイトヴェール。男女年齢問わずオススメの一品です。

 

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?