足立の花火大会2018年の日程・時間は?穴場スポットもご紹介!

足立の花火大会 2018年の日程・時間は?穴場スポットもご紹介!

2018年も足立の花火の季節が近づいてきましたね!

「関東の人気花火大会ランキング」第2位、

「関東の行ってみたい花火大会ランキング」第7位に輝く足立の花火。

昨年も約60万人近くの観客を魅了した夜空を彩る大輪の花火が、

夏休みの思い出の最初を飾ることになりそう。

今回は足立の花火の2018年の日程、穴場スポット、見どころの情報をお届けします!

 

足立の花火2018年の日程・時間は?

《開催日》2018年7月21日(土曜日)

《打ち上げ時間》19:30~20:30

※荒天の場合は中止

《会場》荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

《打上数》約1万2000発

約100年の伝統をある大迫力の花火大会

足立の花火は、東京メトロ千代田線鉄橋から西新井橋間の荒川河川敷が会場。

明治年間に千住大橋の落成を祝って花火を打ち上げたのが起源とされ、

約100年の歴史を誇る伝統の花火大会です。

近隣の大規模花火大会の先陣をきって行われます。

見所は、1時間に約1万2千発を打ち上げる、高密度に凝縮された大迫力の打ち上げ花火。

足立の花火特徴は、何と言っても「スピード感」。

連射連発のスターマインを何セットも同時に打ち上げる

ワイドスターマインや大会名物のナイアガラなど、

約300mもある打ち上げ幅を生かした花火は必見の価値アリです。

迫力のクライマックスは、ワイドスクリーンに映える名物・ナイアガラ。

※動画1:20くらいからがナイアガラです。

そして、行進曲「威風堂々」に合わせて

区木に指定されている桜の名が付いた「満開のしだれ桜」の連続打ち上げ。

怒涛のクライマックスと音楽に合わせて開く美しい光の花たちが、

濃密な1時間を締めくくります。

足立の花火の穴場スポットを紹介!

足立の花火の特徴は、打ち上げ場所と観覧場所が近いので

花火を間近で見られること。

河川敷が会場なので、土手の斜面などに座って

ゆったりと楽しむことができます。

しかし、打ち上げ場所の千住側(堤南)は、

指定観覧場所の中では最も混雑する場所です。

下から見上げる迫力の花火もいいですが、

少し離れた場所でゆっくりと眺める花火もおすすめですよ。

穴場その1:梅島・西新井側の河川敷

千住側に比べて鑑賞エリアも広く、ゆったりと鑑賞できます。

場所取りも当日、昼~夕方頃行けば、確実に場所は取れます。

足立の花火の見せ場でもある『ナイアガラ』の滝が

切れずに見ることができる絶好ポイント!

・西新井側からの撮影動画

【場所地図】

大きな地図で見る

穴場その2:扇橋大橋付近

打ち上げ会場からは少し離れるますが、花火を正面に臨む分、

真上を見上げなくていいので首も疲れません。

人ごみも比較的少なく、ゆっくり観賞できます。

【場所地図】

大きな地図で見る

穴場その3:虹の広場

虹の広場は堤南の河川敷に位置しますが、

打ち上げ会場からやや離れた場所にあるため、本会場ほど混雑がありません。

もしゆっくりと花火を見たいと思わる方は、こちらのスポットをお薦めします!

場所は、千住新橋とつくばエクスプレス線のちょうど中央辺り。

【場所地図】

大きな地図で見る

 

穴場その4:屋形船

地上からとは異なる趣で楽しめる屋形船は、少人数でゆっくりと観賞できるのが魅力です。

花火会場は最寄り駅からも遠く、交通規制もあるので、規制のない水上は穴場スポットのひとつです。

《足立の花火を観賞できる屋形船》

屋形船 瀬川丸 http://www.segawamaru.com/hanabi.html

船宿 あみ達 http://www.amitatsu.jp/hanabi/

屋形船 池上 http://www.amitatsu.jp/hanabi/

釣八乙女丸 http://www.turibune.co.jp/adachikuhana.html

※空席情報などは、各業者にお問い合わせください。

観衆に溢れる会場で臨場感を楽しむのもいいですが、

今年最初の夏花火を、人ごみから少し離れてゆっくりと楽しんでみませんか?

今年もゆっくりと花火を観覧してくださいね!

服装は気にするのに顔のテカリ気にしてない人おおすぎない?